2011年 9月 24日 土曜日


こんにちは。
三好不動産の椛山です。

P9230537

昨日、人生でも数えるほどしか経験のない「釣り」に行ってきました。
向かう先は、うみんぐ大島
主催は、またまたRECです。
題して「釣りに学ぶ営業力」。

7月の海以来、
今年は日焼けとのご縁があるようで
この日も天気は良好

風は秋だけど、陽射しは真夏並み。
ほんとに天気の良い一日でした。

神湊港から大島へフェリーで渡り
大島のターミナルを出ると
釣りの荷物をおじさんたちが釣堀のところまで運んでくれるらしいです。
嬉しいサービスです。
でも、ここから釣堀までは約1キロ程歩きます。

ちなみにトラックに乗ってるオレンジのTシャツを着たおじさんが
後に、私の釣りサポートを買って出てくれた方です。

P9230488

P9230493

受付を済ませたら
ライフジャケットを着て釣堀まで移動。

P9230498P9230499

海がきれー
透き通ってます。

P9230503

釣堀までの道なり。

P9230501

目指すはここ↓

P9230507

早速みんな釣ってます。

P9230516

魚の大きさにびっくりです
みんなすごい!

P9230523

P9230520

じゅんくん、頑張れ!

P9230524

大きな鯛が釣れました

P9230525

御池さんちも大きなヤズをゲット!

P9230530P9230531

さてさて、わたしたちは・・・
釣り開始から約2時間。

P9230537

天気が良いから釣れるというわけでもないのか
全く魚さんとの対面がありません。

ひたすらエサをつけては投げ、
エサをつけては投げ、この繰り返しです。

おかげさまで
キビナゴ(エサ)を針に通す作業が上達しました。

周りでは
「きた きた、きたーー」という喜びの声。

そんな様子を見かねてか、
さっきのオレンジTシャツのおじさんが
生き餌(アジ)を2匹、持ってきてくれました。

しかーし、釣れず。

P9230514

そんな中、
田代さんまで手取り足取り教えてくれて
ようやくようやく、1匹採ったどー

P9230528

あとにも先にもこの1匹だけ。
オンリーワン。
今日の課題は「釣りに学ぶ営業力」
よこしまな気持ちがあってはダメってことを学びました。

周りは二桁くらいの魚の量を釣ってたけど
私はこれで充分満足。

釣ったお魚は1匹200円で処理もしてくれるので
助かります。

P9230543P9230542

この日はこのあと
近くの民食で、釣ったお魚を持ち込んで調理していただき
みんなで鯛を囲んでのお食事。

P9230550P9230547

P9230546

フェリーの数が少ないので
帰り着いたのは19時前でしたが、
お魚さんが新鮮なうちに、自分で調理開始。

の前に、ネットで
「鯛 さばきかた」で検索

カマとかヒレとか
どの部分を言ってるのか分からないけど
とりあえず、ネット上の写真通りに包丁を刺していきます。

P9230552

何時間かかったかは言えませんが、
身のたっぷりついた三枚おろしが出来ました。

P9230553P9230557

P9230555

2匹の鯛と、ヤズを1匹。
さばき終えた頃には体力が残っていませんでしたので
「食べる」にまで至りませんでした。
なので、お味がどうかはまだ分かりません。

今夜、食べてみます。