購入時の諸経費事例

実際に不動産を購入すると、どのような諸費用がかかるのでしょうか?
ここでは、一般的な購入例をもとに、シミュレーションをしていきます。

マンションの購入例

平成17年11月にAさん(32歳・会社員)は
マンションを購入しました。
そのときの諸費用はいくらだったでしょうか?
お客様が不動産をご購入される際の参考にして下さい。

Aさんが購入したマンションの概要
■価格 金2,000万円
■築年月平成7年4月築
■専有面積 70平方メートル
■管理費 金9,000円
■修繕積立金 金6,000円
■共用持分 10,000分の500
■共有持分土地面積 50平方メートル
■固定資産税・都市計画税 金120,000円
■固定資産税評価額 土地…金2,000万円
建物…金800万円

Aさんが購入したマンションの諸費用

購入時にかかる諸費用は税金・その他費用があります。それぞれ諸費用は下記の通りです。
尚、諸費用それぞれの詳細説明は 購入時のお金について をご参照ください。
また、 購入の流れ にはどの段階でどの費用が発生するのかも説明しておりますので、
こちらも併せてご参照ください。

物件価格 金20,000,000円
◆仲介手数料 金693,000円
20,000,000円×3%+60,000円=660,000円
消費税 : 660,000円×8%=33,000円
660,000円+33,000円=金693,000円
◆印紙税 金15,000円
◆移転登記費用 金124,000円(登録免許税及び司法書士手数料)
土地 : 20,000,000×500/10,000×10/1,000=10,000円
建物 : 8,000,000×3/1,000=24,000円
10,000円+24,000円+約90,000円=金124,000円
◆抵当権設定費用 金50,000円(抵当権設定登記費及び司法書士手数料)
10,000,000×1/1,000=10,000円
10,000円+約40,000円=金50,000円
◆不動産取得税 金0円
建物 : (8,000,000円−12,000,000円)×3%=0円
土地 :
控除額 [1] 45,000円
     [2] 20,000,000円÷50m2×1/2×(70m2×2)×3%=840,000円
[1][2]のいずれか多い方の金額ですから、土地の控除額は840,000円となります。
  (20,000,000円×1/2×3%)−840,000円=0円
  ※課税床面積を70m2と見做して算出しております。
◆固定資産税等分担金 金120,000円(決済時日割精算)
◆管理費等分担金 金15,000円(決済時日割精算)
◆住宅ローン経費 ローン保証料・ローン事務手数料
金融機関及び住宅ローン融資期間により金額は変わります。
個別に当社スタッフへご相談ください。
◆保険料 火災保険料
※住宅ローンを利用される場合は、融資利用期間分一括で申込みます。
◆その他 リフォーム費用・引越し費用等です。

本体価格2,000万円の他に金額が判明しているだけで882,000円諸費用がかかります。他に住宅ローン経費・引越し等を鑑みますと、やはり売買価格の約6〜8%(上記ケースでいうと120万円〜160万円)が諸費用の目安となります。

購入時の諸経費事例 印紙税登録免許税不動産取得税
仲介手数料住宅取得金贈与の特例制度住宅ローン減税と確定申告の控除

トップ(不動産購入)三好不動産が選ばれる理由一戸建てを探す中古マンションを探す土地を探す
購入までの流れ購入時のお金について不動産購入Q&Aお客様の声物件リクエスト購入相談

ページの先頭へ