抵当権の抹消費用について

物件を担保に金融機関から融資を受けている場合(住宅ローンを含む)に、抵当権などの権利が設定されます。
この場合、融資金を完済し残債が残っていなくとも、その権利の抹消手続きをしていなければ物件に設定されたままになっていますのでその権利の抹消の登記を行い、買主さんへ所有権の移転を行います。

※司法書士に依頼するのが一般的ですが、1件の抵当権の抹消につき12,000円〜15,000円程の費用が発生します。
※抵当権の抹消にはお借り入れ金融機関との事前打ち合わせ等が必要になり、抹消登記までには期間を要しま

融資金が完済されているのであれば早めの手続きをお勧めいたします。
また、返済中で残債が残っている場合でも、売買代金を持って抹消登記をすることが可能です。
売却が決まりましたら、早めに金融機関もしくは仲介不動産会社へご相談ください。

必要な諸経費・税金について 印紙税譲渡税仲介手数料
相続登記費用抵当権の抹消費用測量代建物解体費用

不動産売却トップ売却の流れ買取の流れ必要な諸経費・税金について不動産売却Q&A
お客様の声売却相談と査定依頼

ページの先頭へ