印紙税

印紙税とは?

不動産売買契約書に貼付する収入印紙のことです。
売買代金により印紙税の額が決められています。

不動産売買契約書に添付する印紙税

契約書に記載された金額 印紙税
100万円超〜500万円以下 2,000円
500万円超〜1,000万円以下 10,000円
1,000万円超〜5,000万円以下 15,000円
5,000万円超〜10,000万円以下 45,000円
10,000万円超〜50,000万円以下 80,000円
50,000万円超〜100,000万円以下 180,000円

平成9年4月1日から平成23年3月31日までに作成される売買契約書が対象の金額です。
上記期間以外の期間については、金銭消費貸借契約書と同じ金額になります。

例えば…
平成17年に平成17年に金2,000万円で中古マンションを売却した場合、不動産売買契約書に添付する登記印紙は金15,000円です。

必要な諸経費・税金について 印紙税譲渡税仲介手数料
相続登記費用抵当権の抹消費用測量代建物解体費用

不動産売却トップ売却の流れ買取の流れ必要な諸経費・税金について不動産売却Q&A
お客様の声売却相談と査定依頼

ページの先頭へ