売却の流れSELL FLOW

売却の流れ
売却の流れ
  1. STEP2.事前調査・媒介契約の締結

    • 1.現状整理ができたら、査定を依頼

      簡易査定 すぐに売却するわけではないが、今現在のおおよその価格が知りたい方。
      訪問査定 具体的に売却を検討中で、より正確な査定価格を知りたい方。
      お客様との面談で売却希望条件を伺い、現地調査のうえ査定価格を算出します。
      買取査定 できるだけ早く売却を希望する方。スピード重視の方におすすめ。
    • 2.事前調査を依頼

      売却が具体化してきたら、早速事前調査開始です。適正価格をご提案するために、不動産の個別要因をお調べします。

      不動産そのものの調査、複雑な権利関係、法令上の制限や地域特性等、安全な取引のために欠かせない調査をしっかりと行います。

      上記のような調査を行うと同時に以下の方法で査定を行っています。

      • 取引事例比較法
      • 原価法
      • 収益還元法
    • 3.査定価格・売出価格のご提案

      事前調査を元に、お客様に査定価格をお知らせいたします。また、査定価格を元に売出価格のご提案をいたします。

      実際の査定書 査定価格のご説明・
      売却価格の打ち合わせ
      ワンポイント三好不動産が提示する「査定価格」のはなし
      査定価格とは?
      売買等の取引を目的として、不動産会社が対象不動産を評価して算
      出した価格を、「査定価格」といいます。この「査定価格」は通常
      不動産取引の目安の価格として利用されますが、実際の不動産取引
      価格は、市場動向のバランスや売主様、買主様の事情によっても変
      わってきます。ですから、査定価格=売れる価格ではない事に注意
      が必要です。
      不動産会社の
      査定価格
      実際に
      売れる価格

      ➡査定価格が高い査定書が、売主様にとって
       良い査定書とは限りません!!

      三好不動産では…
      三好不動産では、査定価格に十分な根拠を提示いたします。
      それは、後々の売却活動で売主様に苦労、後悔をしてほしくないか
      らです。そのために、取引事例などのデータの提示、相場情報や不
      動産流通の市況情報の提供など、長年福岡の地で培った経験とノウ
      ハウを元に、ご納得いただける「査定価格」をご提示させていただ
      き、売主様と十分な打ち合わせを行ったうえで「売却価格」を決定
      します。
      「インスペクション」をご存じですか?
      インスペクションとは、専門の知識を持った現場検査員が住宅の基本構造部分等に関わる、目視・計測検査等を実施し、検査結果とともに必
      要に応じて助言を行うものです。

      売主様のメリット
      1 現状の住宅の不具合を確認出来る
      2 指摘事項を改善する事で「優良物件」としてアピールできる
      3 売却後に発生しうるトラブルを軽減することができる
      買主様のメリット
      1 現状の住宅の不具合を確認出来る
      2 リスクの軽減ができ、安心して購入出来る
      3 検査合格となれば、瑕疵保険に加入する事も可能
    • 1.媒介契約の種類と違い

      媒介契約には、宅地建物取引業法第34条の2に定められている通り、以下の3種類があ

      ります。なお、専属専任および専任契約は3ヶ月以内となり、それ以降は売主様からの申

      し出により再契約することが可能です。

    • 3種類の媒介契約
      専属専任媒介
      売主様は依頼した宅建業者以外の宅建業者に重ねて不動産売買の仲介を依頼すること、ご自身で見つけた買主との取引が出来ません。
      複数業者との契約 ×
      売主様自ら発見した相手
      との取引
      ×
      指定流通機構への登録義
      務(レインズ)
      5営業日以内
      業務処理状況の報告義務 1週間に1回
      それぞれのデメリット
      • 窓口が1社だけなので、依頼した不動産会社への依存度が高くなってしまう。従って、信頼できる不動産会社選びを行う必要がある。
      • 一般媒介に比べて全体の広告量が少なくなる場合がある。
      • 悪意がある不動産会社だと売却情報を隠される事がある。
      それぞれのメリット
      • 不動産指定流通機構(レインズ)へ物件情報を登録する義務がある。
      • 不動産会社から販売活動状況の報告が定期的にあり、安心できる。
      • 専属の不動産会社に全ての情報が集まるので、状況が把握しやすく、手間が少ない。
      • 不動産会社が売主様と1対1でお付き合いしますので、親身になって活動してくれる。(申込受領後も焦らずじっくり交渉する事ができる)
      専任媒介
      売主様は依頼した宅建業者以外の宅建業者に重ねて不動産売買の仲介を依頼することが出来ません。
      複数業者との契約 ×
      売主様自ら発見した相手
      との取引
      指定流通機構への登録義
      務(レインズ)
      7営業日以内
      業務処理状況の報告義務 2週間に1回
      それぞれのデメリット
      • 窓口が1社だけなので、依頼した不動産会社への依存度が高くなってしまう。従って、信頼できる不動産会社選びを行う必要がある。
      • 一般媒介に比べて全体の広告量が少なくなる場合がある。
      • 悪意がある不動産会社だと売却情報を隠される事がある。
      それぞれのメリット
      • 不動産指定流通機構(レインズ)へ物件情報を登録する義務がある。
      • 不動産会社から販売活動状況の報告が定期的にあり、安心できる。
      • 専属の不動産会社に全ての情報が集まるので、状況が把握しやすく、手間が少ない。
      • 不動産会社が売主様と1対1でお付き合いしますので、親身になって活動してくれる。
        (申込受領後も焦らずじっくり交渉する事ができる)
      一般媒介
      売主様は複数の宅建業者に重ねて依頼することができます。
      複数業者との契約
      売主様自ら発見した相手
      との取引
      指定流通機構への登録義
      務(レインズ)
      なし
      業務処理状況の報告義務 なし
      それぞれのデメリット
      • 複数の会社に依頼する事により居住中の場合は内覧の調整が大変。(複数社からの内覧希望があった場合)
      • 各社どのような販売活動をしているのかがわかりにくくなる。( 不動産会社に報告義務なし)
      それぞれのメリット
      • 複数の会社に依頼出来るので全体としての広告量は増える。

      ※不動産売買経験が豊富で時間に比較的余裕のある人は一般媒介、初めて、もしくは2回目の売却であれば専任媒介契約をおすすめしております。

お電話・FAXでもご質問・ご相談承っております。

  • 092-771-1000

    営業時間:10:00〜18:00 / 定休日:毎週水曜日

  • 24時間受付中!